研究内容

ペロブスカイト型太陽電池用

ペロブスカイト型太陽電池用

エネルギー、そして環境問題が世界的に重要視されているが、それらを解決する手段の一つとして無尽蔵に存在する太陽エネルギーを電気エネルギーに変換する太陽電池が挙げられる。太陽電池には大きく分類すると 6 種類有り、シリコン型太陽電池、化合物型太陽電池、色素増感型太陽電池、有機半導体型太陽電池、量子ドット型太陽電池、ペロブスカイト型太陽電池などが存在する。この中でも特に最近は、作製方法の簡易性、モジュールコストが安価である等の理由から色素増感型太陽電池とペロブスカイト型太陽電池が注目されており実用化される日々もそう遠くは無いと言われている。
例えば色素増感型太陽電池、ペロブスカイト型太陽電池において、負極となる主材料の 1 つである二酸化チタン薄膜の作製方法の違いによって生じる薄膜の形態、TiO2 の電子構造、表面状態などが光―エネルギー変換効率に大きく影響している。弊社ではこの印刷用 TiO2 ペースト、他の酸化物ペースト(n 型半導体、p 型半導体も含め)、対極用導電性カーボン、カーボンナノチューブインク、ペロブスカイト前駆体である Methyl Ammonium Iodide (MAI)などを提供します。

PDFダウンロード