研究内容

熱電変換材料

熱電変換材料

熱電発電は、固体半導体素子により温度差から電力を直接発生させるエネルギー変換技術で、小型 軽量・無可動部・無排出・高信頼性という点で他の追随を許さない長所を持っています。現状では発電効率がまだ低く、民生化はごく一部の特殊用途にとどまっていますが、最近、熱電発電には小規模なエネルギー変換システムとして期待が集まっており、分散した廃熱エネルギーの回収再利用に最適な技術の一つとして、我が国でもゴミ焼却炉や自動車排ガスの廃熱を利用した熱電発電システムの実用 化研究が進められています。

PDFダウンロード